FC2ブログ

マムシの行方

まむし3

昔と言っても30年ほど前の事。この地方の大概の家は、マムシを35度の焼酎で浸けた一升瓶があり、火傷、切り傷、のどの痛みなど万能薬として常備していた。マムシを購入する店もあり、1匹数千円で取引され、チョットした小遣い稼ぎだった。しかし、今ではマムシの需要もなく、捕る人も少なく毒蛇であるマムシが里山に蔓延る。以前より身近で見られる毒ヘビは、嫌われ者になるのみ。恐れられ、役立ったマムシ。大げさな言い方であるが、ヘビの文化が崩落した。

追伸
 一度は見たいと思っていたマムシ。短く少し太めのヘビ。いつものヘビと違う、これがマムシなんだと遠くからカメラに納めた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はせ 鱗人

Author:はせ 鱗人
外人と間違われることシバシバ。
趣味は、魚釣り。幼少から父親に連れられ魚と戯れた。骨董収集、主に絵画、陶磁器
出身学校 明治大学商学部

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR