FC2ブログ

第162段  遠方から来る友達に、約束した「マツタケ」をご馳走する

友達が遠方からやってくる。
今年の3月、こちらが出かけ、お世話になった。
友達への接待は、山間地ならではのマツタケ。
「ざぶざぶ」食べさせてやる約束をした。
今年は、不作。
購入先は、販売制限をしている。
何とかしようにも、品物がなさすぎる現状。

マツタケを採る知人の何人かに、電話をした。
その中の一人は、少し前に採ったものも含め、すべて届けてくれた。
「ざぶざぶ」の範疇に行き届く。

IMG_5385.jpg


焼きマツタケで食す。
おいしい焼き方を試し、アルミホイルで包み、炭火で焼いたりした。
しかし、味気ないが、電子レンジで1分30秒調理する方法が大変おいしい。
塩を付け食す。この地方は、塩で食す、決まりごとのようなもの。
熱燗に生のマツタケをいれた酒。
マツタケのエキスが出て、黄色くなる。
香りは、最高である。
ご飯は、マツタケを十分入れた。

翌朝、恐縮し、また、御礼を述べる。

マツタケ採りの友達は、遠方から来ること話すと、冷蔵庫に保管してあったものをすべて持ってきてくれた。
タイミングが良く、遠方の友達にマツタケが「授かった」。
ただ、それだけの話。

【追伸】
 この写真は、上記、記載文のマツタケです。今まで記載エッセーは、文面から「匂うイメージ」を写真で紹介しています。
 その意味で、今回の写真は、「無し」ですが、前述の「匂い」で掲載しました。
 徒然草は、「もののあわれ」と言われていますが、ロナルド・キーン氏は、「一貫した日本人の美意識」を称えています。
 このブログは、244段を書き終えた時、「一貫した○○」を見出すことが出来るかが、勝負です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「ざぶざぶ」・・・

焼き方にも拘り それぞれの味わい

熱燗 生マツタケ・・・
マツタケのエキスで変化して行くでしょうお酒の色合い♪
それを ゆっくりと口に含んだ時には・・・きっと!!!! 

文面からの香り・・・贅沢に

十二分に感じさせて頂きました☆

今日もお元気で
より良い時間をと願っております☆彡

Re: タイトルなし

感想ありがとうございました。この地域は、マツタケが採れます。今年は、不作であり価格が急増しました。写真のマツタケは、900グラム、この程度で「サブザブ食す」ことが出来ます。私はこの地方の食べ方の域を出ませんが、田舎のオードリーさんは、どのようにして食すのでしょうか。今回のエッセーは、マツタケを一つの素材とし、「物の有り方」を匂わせました。

詳細事項等、聞きたいことが沢山ありますので、また、コメントさせていただきます。




プロフィール

はせ 鱗人

Author:はせ 鱗人
外人と間違われることシバシバ。
趣味は、魚釣り。幼少から父親に連れられ魚と戯れた。骨董収集、主に絵画、陶磁器
出身学校 明治大学商学部

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR