FC2ブログ

第124段 「なんじゃもんじゃ」の花が教えてくれたこと  

なんじゃ19

叔父の住む土地に赴任した。
桜の花も終わり、「なんじゃもんじゃ」の花が「雪をかぶったように」咲いていた。
会議中、2度訪れたと聞いた。
近日中には挨拶に行かなくては、と考えていた。
数日して来たが、またしても会議中。
待っていると言ったらしい。
会議が終わり、待つこと10分ほどで会う。
足が悪く、杖を突いて訪ねてきた。

なんじゃ26


なんじゃ5


「なんじゃもんじゃ」の前で叔父を撮った。
その写真は、遺影となった。
今年も「なんじゃもんじゃ」の花は、咲いた。
来年も咲く。
その次の年も。
無常を漂わせ、「無常」を教えてくれる。
季節は巡り、静かに通り過ぎる。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お早うございます♪

毎朝読み逃げで・・・m(__)m
(そして
お訪ねコメントありがとうございました♪)

「なんじゃもんじゃ」名前は聞いたことあり!も
初めて目に致しました♪
降り積もった雪を思わせますね☆



季節を運ぶ時の流れ・・・ 
穏やかにと願います♪ 
プロフィール

はせ 鱗人

Author:はせ 鱗人
外人と間違われることシバシバ。
趣味は、魚釣り。幼少から父親に連れられ魚と戯れた。骨董収集、主に絵画、陶磁器
出身学校 明治大学商学部

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR