FC2ブログ

梅雨の晴れ間の「渓流釣り」

アマゴ
梅雨の晴れ間、久しぶりの渓流釣り。
早朝、目を覚ます。まだ寝たい。
昔なら、わくわくして起きた。

梅雨時、つかの間の晴れ間。
「青空」と「鶯の鳴き声」と「清流」。
贅沢すぎる。

都会に住む知人を誘った。
此処でビールを飲みながら、時を過ごす。
暗くなり始めたら、カンテラの灯りでアマゴ取りをしようと。
0.jpg


スポンサーサイト



モノをくれる人

L1090149(1).jpg
                                                                (清流に群生するセリ)

「ものをくれる人」、徒然草には、「良い人」と書かれている。
有難いことに、私の周りにいる。
採れる野菜は、頻繁。
過日は、数万円すると言う「スイカ」を持参してくれた。
難しいことを考えることなく、「モノをくれる人」は、良い人だ。

吉田兼好は、良い人の例を3つ挙げているが、「モノをくれる人」を最初に挙げている。
私も「モノをあげる人」になりたいと、つくづく思う。

静寂を包み込む雨

P1030085.jpg

雨音が響き渡る。
雨中に咲く、紫陽花。
雨を味方にし、、雨に映える。

見つめる雨は、体中にも入り込む。
雨音は、他の音を寄せ付けない。

静寂を包み込む雨。
しばらくは、「雨」と寄り添うことになりそうだ。

瑞穂の国

DSC03888(1).jpg
田植えが始まる。
水田に水が張られ、活気がみなぎる。
いつかどこかで見た光景は、心に平安をもたらす。

瑞穂の国。
長い間、同じことを繰り返した水田。
未来永劫、同じ光景が繰り返される。

田んぼの周りは、祈りがある。
無くてはならない、祈りを感じる。
DSC03926(1).jpg





プロフィール

はせ 鱗人

Author:はせ 鱗人
外人と間違われることシバシバ。
趣味は、魚釣り。幼少から父親に連れられ魚と戯れた。骨董収集、主に絵画、陶磁器
出身学校 明治大学商学部

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR