FC2ブログ

「丁寧に年を重ねた女性達」は、素敵の言葉しかない

DSC02700(1).jpg

昔から「おばあちゃ」の写真を好んで撮る。
年齢を重ねると、男女とも、顔にその人の「生き方」が写し出される。
女性は、その傾向が男性より顕著。

穏やかに過ごしただろう老婆の顔は、「安寧」そのもの。

写真への思いれが強い文化を持つ、マレーシア?
撮った写真を欲しいとよく言われる。
インド料理店で鍋を振る写真を持参。
今日も忙しく、鍋を振る。
女性一人でこの店を切り盛りしてきたのだろう?
力強さの中、大きな優しさを感じる。

帰り際、「ハグしても良いですか」と聞いた。
なぜ、このようなことを言ったのだろうか。

ただただ、心地良かった。
「温かさと安らぎ」が体に飛び込んできた。




DSC02671(1).jpg
スポンサーサイト



お国柄 仕草が違う?

DSC06887(1).jpg

マレーシアのキャメロンハイランド。
毎日、多くのヨーロッパ人が観光に訪れる。
多民族国家のマレーシアにヨーロッパ系が加わる街。

それぞれ「お国の仕草」が愉快。
目を引くのは、ヨーロッパ系。
動作が大きい。
仕草から、何をしているかがなんとなくわかる。

日本人もすぐ分かる?
マレーの友達が日本人をイメージして真似た。
なるほど、日本人の特徴。
それを見て、「正座して、ふすまを開ける仕草」が目に浮かんだ。

オールドタウンホワイトコーヒー(Old Town White Coffee)発祥の地でコーヒーを飲む

DSC04037(1).jpg

オールドタウンホワイトコーヒー(Old Town White Coffee)発祥の地、イポー。
外観の重厚感、感慨深く入店。
観光客は、皆無。
勿論、日本人は、いない。
店内は、上品さがどこかに見え隠れしている。

これらの感覚は、特別感をもって入店した私自身の心の写し?
コーヒーも飲み切った。
しかし、ずーと、このまま居たいと思った。

DSC04025(1).jpg



「多様性社会」、新たなものを吸収する素地を持つ

DSC02105(1).jpg

マレーシアは、マレー人、中国人、インド人が混合して暮らす。
生活習慣、宗教、食事等、様々ななものが異なる。
しかし、誰もが、いつでも、この違った場所に手が届く。

ここに「多様性」を感じる。
それぞれが、多少なりとも、「違う文化」を享受する。

単一的でない「多様性」は、新たなものを吸収できる素地を持つ。

日本の製品は、「こんなにも」素晴らしい

DSC02892(1).jpg

バイクのツーリング集団とよく出会う。
私の出会った限りでは、大概が日本のメーカー。
ツーリング族は、日本のバイクを絶賛。

時計も然り。
ツアー会社とショップを経営するインド人。
奥さんへのプレゼントに日本製の時計を買ってきてほしいと。・・・

現在の私は、海外ブランドの時計はやめ、日本メーカーの時計をしている。
仲良くなった多くの人から、見せてほしいと言われる。
メイドインジャパン、こんなに凄いとは・・・

価値観が変わっていく

DSC01595(1)_20190703114648258.jpg

異国に住むと、価値観が変わっていく。
現実に刺激を受け、今の環境を顧みる。
ある意味、カルチャーショック。

散髪は、200円程度、外食での昼食も200円程度。
兎に角、物価が安い。
日本に戻り、飲食店で一献。
美味しいし、安全、清潔感などで満足。
しかし、どうしても比べてしまう。
「値段が高い」
馬鹿らしくなり、外食など出来そうもない。

プロフィール

はせ 鱗人

Author:はせ 鱗人
外人と間違われることシバシバ。
趣味は、魚釣り。幼少から父親に連れられ魚と戯れた。骨董収集、主に絵画、陶磁器
出身学校 明治大学商学部

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR