FC2ブログ

日本公園を考える -もっと良くなれ、日本の公園―

 134_20170520164754269.jpg

ヨーロッパの公園は、樹木、芝生などが綺麗に整備され、そこを利用する人々から「おしゃれ」が伝わってきた。

141.jpg

変わって、日本。
「おしゃれ」には程遠い。
生活スタイルの差。
まだまだ、公園の利用がライフスタイルとして定着していない。

s_L1080973.jpg

「おしゃれ」が良いばかりではない。
ライフスタイルとして定着すると、公園に関心を持ち始め、「おしゃれ」に近づくのでは?

L1080944.jpg

日本人が真摯に公園を考える時、「すてき」の一言の公園が生まれる。
心の余裕がないのだろうか。
日本の公園が、「おしゃれ」になるとき、ライフスタイルも確実に向上する。
身近にある「公園」を生活の延長線として利用する日を待ち望む。
スポンサーサイト



ブログを考える

L1040609.jpg
「フォトエッセイ 徒然草」、面白くないですよ。
ましてや、今の若い人たちが見て、面白いわけがないじゃないですか。
内容が重すぎます。

「なるほど なるほど」

私の写真テーマは、「農村社会」、振り向いてくれるわけがない
脱皮は出来ないが、幅を広げるためにも視野を広げる必要はある。
そうしないと、伸び代がない。

今日、「人の話を聞かない人は、駄目だ」と久しぶりに出会った人と、しゃべったばかりである。

日本男児 昔、今、これからに意見をください

車に挟まれる

第10段は、母親学級への男の対応を記載。そのことに対し、40代前半の女性から意見を頂いた。

「一緒に講座に参加してくれる男の人が理想です」時代の流れは、イクメンであり、子育ても料理も一緒にする男性。「日本男児」なる言葉は、今、聞きません。男性の有り方は、時代とともに変わります。「なるほど」「なるほど」

700年前の吉田兼好の時代は、瞬時に多くの方から意見を頂くことは不可能だった。ネット時代、先生を凌駕する事が有るとすれば、ネットにより多くの人の声を集め、それを咀嚼し、伝えること。

読者の皆様、是非、この男の有り方に「どのような意見」でも構いませんので、一言お願いします。
プロフィール

はせ 鱗人

Author:はせ 鱗人
外人と間違われることシバシバ。
趣味は、魚釣り。幼少から父親に連れられ魚と戯れた。骨董収集、主に絵画、陶磁器
出身学校 明治大学商学部

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR