FC2ブログ

粋・洒脱・おしゃれな空間

DSC03264(1).jpg

DSC03324(1).jpg

ワインの島、ワイヘキ。
数あるワイナリーをネットで調べ、選択。
さほどの期待感もない。

到着すると、アメ車の大きな青いオープンカーが停まっていた。
私の車は、最安値で借りたオートマでない、ギアの入りが悪いレンタカー。

店内は、多くの人がワインの説明を受け、試飲。
ブドウ畑を見て、少し早いがワイナリー併設のレストランに入る。
この頃から、「何故か」ぞくぞく感。

DSC03263(1).jpg


目の前にヘリコプターが降りる。
その人は、私の隣のテーブル席に移動。

食事が運ばれる。
「んーん」美味しい。
ワインは、お勧めの「シャルドネ」
「粋・洒脱・おしゃれ」な空間。
DSC03272(1).jpg

DSC03274(1).jpg

DSC03270(1).jpg

混みだしたので席を後にする。
帰り際、BMWの真っ赤なオープンカーを隣に見てエンジンをかけた。



続きを読む

スポンサーサイト



交通事情

DSC02341(1).jpg
 
マレーシアで車を運転していると乱暴な運転が目立つ。
方向指示器は出さない、両サイドから追い抜きをされる等。

所変わり、ニュージーランド。

2週間ほどの滞在だが、車で移動する。
ルールは、守るがスピードを出しすぎで怖い。

交通事情は、国民性が顕著に現れる。
他国は知らないが、日本ほど良い国は見当たらないのかもしれない。


リンゴが美味しい

KIMG1768(1).jpg

バブル時には、10kg10万円したと言うリンゴ。
また、日本一美味しいと言われるリンゴも5個頂いた。
我が家は、リンゴ好きに加え、リンゴの産地であるため、美味しいと評判の農家にから直に購入する。

それぞれを剥き、食す。
それぞれのリンゴは、食すべき時間帯を持っていた。
最大限の美味しさを味わうのは、「午後3時の休息時間」、「夕食前」、「夕食後」。
そんな気がしてならなかった。

いつも、現地の人に間違えられる

DSC06301(1).jpg

マレーシアで現地人と度々間違えられる。
散髪も地元で行い、程よく日焼け。

通りでセールスする同じマレー人に2回声をかけられた。
日本人ですと言っても、マレー語で話し続ける。

カメラ店に行った時、偶然、店主から紹介。
ライオンズクラブの関係で日本から来た女子高校二人。

「この人、絶対日本人じゃないよねー」。
何を話すか、しばらく黙っていた。
少しして、「皆さんは、どこから来たんですか。」と聞いた。
「えー」と二人が顔を見合わせた。


何か物足りないが、これは食べられる

DSC02595(1).jpg

 食事は、全て外で済ます。
 料理が出来ないことに加え、安い。
 しかし、どうしても「辛さ」に馴染めない。
 好んで食べる料理は、中国、インド、マレー料理を含め6品程度。

 要は、日本食に近い食べ物かどうかが問題。
 日本の生活が体に染みついて落ちない。
 フレキシブルとは、「染みついていない」ことが前提だと納得している。
プロフィール

はせ 鱗人

Author:はせ 鱗人
外人と間違われることシバシバ。
趣味は、魚釣り。幼少から父親に連れられ魚と戯れた。骨董収集、主に絵画、陶磁器
出身学校 明治大学商学部

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR